口腔外科のご案内

口腔外科ではお口の中全般の様々な外科的治療を行っています。

口腔外科の概要

口腔外科で取り扱う疾患は非常に多岐にわたります。一般的なものは親知らずの抜歯ですが、その他にも様々な範囲の病気の治療を行っています。

親知らずの抜歯

親知らずというのは前から8番目に生えてくる奥歯のことで、顎の奥のほうに生えてくる歯なのでどうしてもまっすぐ生えるだけのスペースがないことが多く、場合によっては顎の骨の中に埋まり続けてしまうことがあります。炎症を引き起こし易く、また重症にもなり易いのでその処置については歯科医師に相談をしてみましょう。
抜歯を行うことが難しい場合、精神的に不安が強い場合や全身疾患をお持ちの方の場合にも、一度歯科医師に相談してみましょう。

お口の中のガン

お口の中にもガンができることがあります。治療が遅れてしまうとリンパ節や肺に転移してしまうことがあります。
口の中のガンも早期に治療すればほとんどが治ります。したがって早期の発見が極めて重要になります。

唾石症

唾液はお口の周囲にある唾液腺から分泌されているものですが、この唾液腺から通じる管に唾石という石灰化物の目詰まりが起こってしまい唾液が出にくくなるのが唾石症です。

マウスピース治療のご案内

マウスピースを利用した治療というのは非常に重要な治療で、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群をお持ちのかたにとって欠かすことができない治療です。
歯ぎしりが酷いかたにもマウスピースの治療を利用することができるので、合わせてご紹介いたします。

顎関節症について

顎の関節におおきな負担がかかってしまうことで顎の痛みや口が開けずらいなどのトラブルが起きます。顎の関節は非常に特殊な構造になっていて肘の関節などとは違って特殊な動き をします。
顎関節とは下顎の骨と頭の骨との間の関節で、この二つの骨の間には関節円板というクッションがありますが、顎の関節に強い力がかかってしまってこの関節円板が壊れてしまったり、関節の周りに炎症が起こり顎関節症になってしまいます。
顎が痛い、口が開かないという症状には顎関節症以外の病気もあります。また、他の疾患も合併していることがあります。
当院は口腔外科、顎関節の専門外来や内科との連携することにより円滑な対応を行います。

マウスピースでの顎関節症軽減について

多くの顎関節症は関節内の組織が炎症を起こした状態です。マウスピースは顎にかかる負担を軽減する効果があります。
顎関節症の炎症を放置すると顎の骨が徐々に吸収してしまうことがあります。お困りの際はどうぞ歯科医師にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群という病気は近年多くの注目を集めていて、しっかりと治療を受けなければ様々な弊害を経験してしまうことが知られています。
肥満傾向の方や、生まれつき下顎の骨が小さい方の場合には、、夜寝ている間に空気の通り道が狭くなってしまいいびきをかいてしまうことがあります。すると空気の通り道の閉塞が加わり体が窒息しているのと同じような状態になり夜間の睡眠の質が大幅に低下してしまうことがあります。
睡眠時無呼吸症候群の患者さんは症例によってはマウスピースを作成し、夜間の睡眠時に呼吸しやすいようにコントロールすることで睡眠の質の低下を予防できます。
いびきに気がつた場合や夜間就寝時の無呼吸を指摘された方はマウスピースだけでなくしっかりと呼吸できるような補助的な治療を検討する必要があります。

歯ぎしりにも役立つマウスピース

歯ぎしりというのは寝ているときに強く歯を食いしばってしまったり、ギシギシと歯をすり合わせてしまう状態を指すのですが、このような状態は実は顎関節症などのトラブルだけで なく歯が欠けてしまったり歯根が割れてしまうなどと歯の寿命にも悪影響が及びます。
歯ぎしりをお持ちの方でもマウスピースを利用すると歯の状態の悪化や顎への負担を緩和できます。
歯ぎしりをお持ちで朝起きた時に顎の痛みなど違和感を覚える方はマウスピースの利用を検討してみましょう。