歯科のご案内

今日、口の中の疾患が全身の疾患に関与することが知られています。
当クリニックでは、小児歯科・歯周病・口腔外科等それぞれの専門医がチームを組み皆様のライフサイクルに沿った予防を中心とした歯科診療をご提案いたします。
人生100年の時代、今あなたができることに対し我々は最大限のサポートを惜しみません。健康寿命を延ばし今日も明日も笑顔で過ごすために今からあなたと一緒に歩みましょう。
健康は健口から・・・私たちは皆様の健やかなお口をまもるために努力をいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

ムシ歯治療の概要

ムシ歯になってしまうとどうしても歯を削る治療をしなければなりません。ムシ歯が初期段階の場合にはレジン充填という治療を行います。症状が進行するにつれてインレーという詰め 物の治療を行い、さらに症状が進むと歯の根の内部にまで治療を施す必要があります。
早期に治療を受けるように心がけておきましょう。

ムシ歯の原因と進行

ムシ歯はお口の中の細菌が原因で発症する病気です。この細菌の中には糖分を吸収することで酸を作り出す細菌がいます。この酸が歯を溶かしていってムシ歯になってしまいます。 ムシ歯は徐々に進行していく病気です。

根管治療について

根管治療は、、歯の内部の歯髄というところを取り除き、根管の形を整えきれいにしたところで詰め物をします。
その後は状況によって歯の形を何らかの材料で補う処置を検討します。

歯周病治療の概要

歯周病は歯周炎という疾患が主で、症状としては歯肉が腫れて痛みが出たり、歯肉から膿が出たりしますが、ほとんどの場合自覚症状はなく進行します。
歯周炎は歯肉に接して存在するプラーク(歯垢)中の細菌が歯肉に炎症を引き起こし、その範囲が広がり歯を支えている組織を壊していきます。
歯周病に限らずお口の中の健康を保つことは健康の入り口ともいわれています。定期的な歯科検診を受け早めの処置を心がけ人生100年の時代に健康寿命を延ばしていきましょう。

歯周病の進行と治療法

歯周病の治療は、患者さん自身の歯ブラシを使った口腔の管理と、歯科医院での治療をあわせて行う必要があります。
お口は毎日使うところですから日々の清掃(プラークの除去)が必要です。独力で行っていても困難な箇所には歯ブラシ以外の補助的な器具も選択します。
それだけでは除去することのできない歯石の除去や、その後の歯の表面の研磨を歯科医院で行います。
歯科医ともよく相談しながらお口の健康と機能を維持するよう心がけたいものです。

保険と自費の違いについて

保険の治療とは、保険の制度で決められた材料・方法等を使用した治療で、それ以外は自費の治療となります。そのため治療の種類や仕上がりが変わってくることがあります。
自費では、保険の治療では利用できないような美しい色調のレジンを利用した治療を受けることができますし、金属の詰め物を白くて美しいセラミックやレジンなどの材料を利用した治療を利用することもできます。
クラウンの材料にも様々な材料があり、保険の治療では決められた金属を利用して治療を行う部分でもセラミックやジルコニアなどの美しい治療を受けることができるようになります。
仕上がりの美しさを希望する時には自費診療の治療を利用するように検討してみたらいかがでしょうか。