小児歯科のご案内

子どもの歯の専門的な治療を行うのが小児歯科です。
子どもというのは単に大人を小さくしただけというわけではなく、成長発達を同時に考えながら治療を行う必要があり、安心して治療を受けてもらえるように様々な工夫をこらしながら治療を進めます。

小児歯科の概要

小児歯科では、家族の方々により添い大切なお子様のお口の健康を守り育ててまいります。小児科を始めとし、 子どもたちをとりまく多くの医師と連携して治療にあたることもあります。
また、定期検診で予防の処置や永久歯へのスムーズな交換など専門的な視点からのサポートをしてまいります。
小児歯科でのお口の外傷や歯の異常な萌出、歯の数の異常などの疾患についてお知らせいたします。

お口の外傷

転んだりしてお口に強い力が加わって起こるのが歯や口の外傷です。
力が加わることで歯が抜けてしまったり、歯が折れてしまったりと色々な症状があります。状況によっては歯を抜かなければいけなかったり、ほかの処置が必要だったりします。
いずれにせよ発育の問題にならないようにその後の事も検討しなければなりません。
お口のケガはお子さんには意外と頻繁に起こるもので特に活発に運動をされる時期のお子さんには注意が必要です。

異常な萌出

乳歯が抜けない・永久歯がなかなか生えてこない・永久歯がおかしなところから生えてきたといったことは非常に多く、歯並びに大きな影響を与えてしまうことがあるので注意しなければいけません。歯並びに異常が起こらないように必要に応じて抜歯を行ったり、保隙(ホゲキ)といって歯が生えてくるスペースの確保を行ったりします。

歯の数の異常

歯の数の異常はお子さんのお口の中でも意外と注意しなければいけないものの一つです。歯の数が多かったり逆に少なかったりすると歯並びに悪影響が出てきてしまいます。
早期に治療介入することで歯並びが大きく崩れることを未然に防げるので予防的な意味合いとしても歯の数の異常に対する処置は非常に重要な治療です。

歯科予防について

お子さんのうちから予防的な歯科治療を行うことは大切です。
ムシ歯の発生しやすい歯のかみ合わせにある溝を樹脂で埋めるシーラントや歯質を酸に対して強くするフッ素塗布といった処置を行いムシ歯を予防していきます。
しっかりとお口の状態を健康に維持し続けるには予防処置をとおしてお口の健康を守るように意識を向けてもらうことが非常に重要です。
どの処置でも予防の処置は時間的にも短時間で行われお子さんの負担も少なく安心して受けていただける処置です。
シーラントやフッ素塗布などの処置だけでなく歯磨き指導も同時に受けるように心がけましょう。