一般内科のご案内

当クリニックでは血液検査の他、胸腹部X線検査・超音波検査・肺機能検査・睡眠時無呼吸検査・呼気NO検査など、患者様のお悩みに合わせて各種検査を行うことが可能です。 お若い方からご年配の方まで、お体のちょっとした不調を感じた際には、気兼ねなくご相談して頂ければと思います。

一般内科では、糖尿病・高脂血症・高尿酸血症・肥満などの生活習慣病の治療を行います。

内科の概要

内科というのは、感染症・生まれつきの体の異常・加齢・生活習慣が原因で起こる体のトラブルだけでなく、数多くの病気を対象にしている診療科です。
体の中で起こるトラブルを放置してしまうと、進行・重篤な状態に発展してしまうことがあり、早期より対処していくことが重要です。

体の調子が悪く、原因もよくわからない
どこの医院にかかればいいのかわからない

という場合にはまず内科の受診を検討してみてください。
仮に内科以外の医師に診察を受けた方がいい場合でも適切な診療科への紹介が可能です。

本来の内科の一般的な疾患は呼吸器・循環器・神経・消化器・腎臓・内分泌などの臓器を対象にした疾患が主体で、それぞれの系統に分かれて内科疾患が細分化され、専門的な治療が 行われています。
こちらで代表的な疾患をご紹介いたします。

循環器の病気

循環器の病気は、心臓本体に起こる病気と血管に起こる病気があります。
心臓に起こる病気では狭心症などの冠動脈という血管の異常や、心筋の機能の異常が原因で起こる病気、心臓の収縮を伝える経路の異常が原因で起こる不整脈なども治療の対象としています。
日常の食生活やタバコ・高血圧・高コレステロール・糖尿病などの生活習慣病、睡眠時無呼吸症候群(SAS)などでリスクが高まります。

主な症状 ・・・息苦しさ・胸の痛み・動悸・不整脈・血圧が高い
消化器の病気

消化器の疾患も非常に多岐にわたり感染症・腫瘍など、様々な病気を対象に治療を行います。いわゆる食あたり・胃炎・大腸炎、食道・胃・大腸などの腫瘍、ピロリ菌感染で起こる慢性的な胃潰瘍、肝炎や肝硬変などの肝臓の機能の異常も消化器内科で取り扱う疾患の代表例です。

主な症状 ・・・吐き気・お腹の痛み・腹部の不快感・便通の悪化・下痢・慢性的に続く胸焼け・飲み込む時に出てくる痛み
糖尿病他の異常でおこる病気

代表的な疾患に糖尿病があります。その他にもホルモンの異常を起こす病気として、甲状腺関連疾患(バセドウ病・橋本病)や副腎関連(クッシング症候群)などがあります。
糖尿病は予備軍を含めると日本全国に1000万人ほど患者がいると言われている疾患で、コントロールを怠ると目の網膜に異常が出てきたり、神経に異常が出て感覚が鈍ったり、腎臓の機能を低下させて人工透析が必要になったりと、実は非常に厄介な病気の一つです。糖尿病は予防をすることが非常に重要で、運動の見直しや食事の工夫など、生活習慣の改善を行うことが糖尿病予防に欠かせません。

主な症状 ・・・糖尿病・体の火照り・寒気・動悸・高血圧
神経の病気

患者さんに特に注意していただきたい病気の一つに脳梗塞という病気があります。脳梗塞というのは脳の血管が目詰まりしてしまう病気で、体の中にできた血液の塊が血流に乗ってな がされることで脳の血管に詰まってしまい脳塞栓という状態になります。
その他に、神経の異常が原因で起こる疾患には非常に多くの種類があり、てんかん・アルツハイマー病・パーキンソン病・筋ジストロフィー・筋萎縮性側索硬化症など、様々な疾患を対象とした治療を行なっています。

主な症状 ・・・感覚の異常・動きの異常・手の震え・体のバランスが取れない・うまく歩けない・何かをつかもうとしても思い通りの動きにならない・物が見えにくくなった・ろれつが回らなくなった・物覚えが悪くなった
自己免疫の異常でおこる病気

自己免疫疾患と呼ばれる病気も内科の治療対象です。一般的に膠原病と呼ばれていて、関節リウマチ・シェーグレン症候群・全身性エリテマトーデスなどの疾患の治療を行います。 患者さんがお持ちの疾患によっては、整形外科や皮膚科などの他の診療科と協力した治療が必要になることがあります。

主な症状 ・・・関節の痛み・目の乾き・口の乾き・皮膚の炎症・皮膚の硬化・長引く発熱・倦怠感・食欲不振